卵巣嚢腫と不妊の原因についての情報ページ

卵巣嚢腫と不妊の原因について

卵巣嚢腫

卵巣嚢腫は不妊の原因につながるのをご存知ですか?

 

卵巣のう腫は、卵巣に胃物や水が溜まってしまう事で卵巣の機能低下や機能停止してしまう病気です。

 

卵巣は症状を感じにくい臓器でもありますが、卵巣のう腫もあまり自覚症状を感じないため、大きくならないと発見されないケースも多いです。その為、こぶし(5〜6cm)程度の大きさになってから症状が出る場合がほとんどです。

 

小さい時は症状があまり出ないため、がん検診や妊娠検査の際に偶然発見される事も多い病気です。卵巣のう腫は良性の腫瘍ですが、まれに悪性化してしまうケースもある為定期的に検診する必要があります。

卵巣嚢腫と不妊の原因について記事一覧

症状頻尿腰痛下腹部の疼痛便秘発熱治療方法経過観察がほとんど大きいのう腫・茎捻転の可能性があるものは手術(開腹手術・腹腔鏡手術)妊娠する事は?卵巣のう腫で片方の卵...

卵管閉鎖は不妊の原因になるのをご存知ですか?卵管が詰まってしまう事で受精が難しくなってしまう卵管障害です。卵管が狭まる事や詰まると卵子が子宮に移動できなくなって...

子宮に内膜症が起きると子宮内膜症になりますが、卵巣に内膜症が起こると卵巣チョコレート嚢腫とよばれています。つまり子宮内膜と似たような組織が卵巣に出来てしまう為、...

子宮内膜症という病気はご存知ですか?子宮内膜症は10人に1人の割合でかかる病気といわれていて、最近では特に増えている病気です。原因は特定されていませんが、ストレ...

子宮の奇形や形も不妊症の原因に繋がるのをご存知ですか?子宮の奇形は妊娠への影響もありますが、流産の可能性も高まります。奇形の多くは、胎児の際に形成されていくので...

▲卵巣嚢腫と不妊の原因について 上へ戻る

卵巣嚢腫と不妊の原因について 先頭へ戻る