ニキビと女性ホルモンの関係

女性ホルモンの関係

薬用石鹸では、ダイズエキスとか配合されていたりします。女性ホルモンの働きなどを重視している面が交感できると思います。女性ホルモンの量が少なくなるとコラーゲンの生成力が弱くなりやすく角質が乾燥しやすくなってほうれい線や毛穴がたるみやすいというふうに言われています。

 

ですので女性ホルモンの量とかホルモンバランスは非常に肌にとっても大切なんですが、ストレスがあるとホルモンバランスが乱れて肌の水分量が変化することで乾燥しやすいというのがありますが、そのため肌表面の代謝が落ちることでニキビとかが出来やすくなってしまうという大人ニキビもあるので、ニキビ用の洗顔料でも思春期ニキビと大人ニキビの場合とでは分けるとよいでしょう。

 

思春期ニキビの場合には男性ホルモンも女性ホルモンの量も増加するということがありますが大人ニキビの場合は、女性ホルモン量が減って、男性ホルモンは増えるというよりもは女性ホルモン量が減ってしまって男性ホルモンの割合が結果的に増えているという表現もできるので、大人ニキビの場合には肌をいたわるような刺激が強くないのを選ぶとよいでしょう。

 

また大人ニキビの場合には、洗顔料の他にも思春期ニキビと違って保湿が大切になるので、保湿しやすく刺激が少ない化粧品を選びましょう。選ぶときのポイントがわからない方はニキビ化粧品の基礎知識を見てみると良いと思います。

 

難しいですが、女性ホルモンとか肌にも影響があり、ニキビに影響するので女性ホルモンのバランスが乱れやすいのはダイエットなどもあるので食事もバランスよく食べるように心がけるようにしましょう。

ニキビと女性ホルモンの関係記事一覧

▲ニキビと女性ホルモンの関係 上へ戻る
ニキビと女性ホルモンの関係 先頭へ戻る