不妊の原因になりやすい子宮内膜症

子宮内膜症

子宮内膜症という病気はご存知ですか?

 

子宮内膜症は10人に1人の割合でかかる病気といわれていて、最近では特に増えている病気です。原因は特定されていませんが、ストレスによる影響が強いと言われています。子宮内膜症は、子宮内膜と同じような組織が骨盤内に出来てしまう病気です。

 

月経の際に子宮内膜は剥がれおちますが、子宮外にできた子宮内膜に似た組織も剥がれおち再生する際に周囲と癒着を起こしてしまいます。子宮内膜症で癒着が酷くなると、子宮と卵巣が1つの塊になってしまうぐらいの癒着になる事もあります。

 

妊娠するためには、正常な排卵が必要なほか、着床する事が必要になりますが、子宮内膜症がある場合、子宮に炎症が起き受精卵の着床が出来ない状態になってしまう場合がある為、不妊の原因にも繋がります。

 

子宮腺筋炎
子宮の筋層の部分に子宮内膜と同じような組織が出来てしまう病気です。子宮が大きくはれてしまう病気。

 

卵巣チョコレート嚢腫
子宮と似たような組織が卵巣に出来てしまう病気。コブの中がチョコレートの様にドロドロになって見える事からチョコレート嚢腫と言われています。

 

 

【主な子宮内膜症の症状】
  • ひどい月経痛
  • 吐き気・めまい
  • 下腹部の痛み
  • 排便時の痛み

 

【治療方法】
  • 腹腔鏡手術
  • 薬物療法

 

子宮内膜症の症状がみられる場合や月経痛や月経過多が見られる場合、子宮内膜症以外の病気の場合もありますので、病院で早期受診する事をお勧めします。

▲不妊の原因になりやすい子宮内膜症 上へ戻る
不妊の原因になりやすい子宮内膜症 先頭へ戻る