卵巣チョコレート嚢腫と不妊症

卵巣チョコレート嚢腫

子宮に内膜症が起きると子宮内膜症になりますが、卵巣に内膜症が起こると卵巣チョコレート嚢腫とよばれています。つまり子宮内膜と似たような組織が卵巣に出来てしまう為、剥がれおちドロドロの嚢腫となる病気です。以前まで月経痛がなかったのに、月経痛がひどくなる場合は注意が必要です。

 

【症状】

月経時の腰痛や(下)腹痛
月経とは関係がない腰痛や(下)腹痛
性交時による痛み
以前は月経痛がなかったが、月経痛がひどくなる場合

 

【治療方法】

ホルモン療法

手術(癒着や再発が多い場合が多いため)

 

卵巣チョコレート嚢腫は、周囲の臓器との癒着も強くみられ、卵管の機能障害や卵管閉鎖などの形態的変化を来たしやすいです。そのため、卵巣の機能が十分に働かなくなるため、不妊症の原因や妊娠しにくい状態にもなりやすいです。

 

しかし、妊娠後に卵巣チョコレート嚢腫が発見させる場合もあります。卵巣チョコレート嚢腫は良性のものですが、一部卵巣ガンに変化する場合もありますので、早期受診・検査を心がけましょう。

▲卵巣チョコレート嚢腫と不妊症 上へ戻る
卵巣チョコレート嚢腫と不妊症 先頭へ戻る