喫煙と飲酒は不妊の原因に繋がる?

喫煙と飲酒

喫煙と飲酒が、どれくらい妊娠に対して影響を与えるかご存知ですか?

 

喫煙と飲酒は、男女とも生殖器に与える影響は強いです。

 

女性の喫煙の影響
  • 子宮着床障害
  • 卵管障害
  • 子宮への血流量の低下
  • 閉経が早くなる
  • 卵子の老化

 

男性の喫煙の影響
  • 精子の数が減少する
  • 精子の運動能力・受精能力低下
  • 精子の奇形が増える
  • 勃起不全(ED)

 

喫煙者と非喫煙者の比較
  • 喫煙者は非喫煙者に比べて7割ほどの妊娠率
  • 精子数約10〜20%前後の減少率
  • 卵子の染色体異常が2倍以上

 

 

妊娠を考えている3か月前から禁煙すると良いと言われています。

 

女性の飲酒の影響
  • 卵子の老化
  • 冷えやむくみ

 

男性の飲酒の影響
  • 女性ホルモンの分泌量が増え、精子造成能力の低下
  • 精子の奇形・運動率の低下
  • 常時亜鉛不足になるため、精子数減少

 

飲酒習慣がある人・飲酒習慣がない人との比較
  • 妊娠率が50%に減少
  • 流産の影響が2.5倍以上高まる
  • 先天性異常の胎児や奇形が生じやすい

 

飲酒によって妊娠しにくいと言われる事は少ないですが、極力飲酒は控えるよりは少なくしていく方が良いでしょう。

▲喫煙と飲酒は不妊の原因に繋がる? 上へ戻る
喫煙と飲酒は不妊の原因に繋がる? 先頭へ戻る