妊娠前と出産後の体の違いは?

妊娠前

  • 体力の低下
  • 骨盤周り(太もも・お尻・腰・お腹)の筋力低下
  • 腹筋群の筋力低下による、お腹が突き出た姿勢(腹圧低下)
  • 産道が開くことによるインナーマッスルの筋力低下(骨盤底筋群・腹横筋・多裂筋など)
  • 筋力・体力低下による冷えの増進
  • 腰痛・肩凝り(赤ちゃん抱っこ・妊娠期間中の体への負担増加による)

 

その為産後太りやすかったり致しますが、特に骨盤周りなどの影響は、体全体に対しても影響力があり、大幅な代謝の低下を招きます。妊娠前と出産後はホルモンバランスや体の姿勢・代謝など比べ物ならないくらい違いがあったりします。またお腹の中に赤ちゃんがいた期間も長いですから、妊娠前と出産後では姿勢の変化や骨盤周りの環境は違う事が多いです。

▲妊娠前と出産後の体の違いは? 上へ戻る
妊娠前と出産後の体の違いは? 先頭へ戻る