空腹感は脳にストレス?

空腹感

食事の量を抑えると空腹感が伴いますが、空腹感は脳にストレスとして捉えられてしまいます。その為、脳はストレスを強く感じてしまうんですね。ストレスに弱い脳下垂体や女性ホルモンに影響が出てしまうのです。

 

また男性に比べて女性の方が皮下脂肪が多いのですが、皮下脂肪からホルモンも分泌されますので、適度な脂肪量は必要です。食事の量を抑えるダイエットは、急激に体重が減少して行きますが、筋肉が糖に分解され、なおかつ体内に栄養がないため、筋肉量の低下を招きますが、筋肉量の減少に伴う水分量の低下が主な体重減少の仕組みです。ですので体脂肪率は、高いまま、もしくは体脂肪率はあがってしまいます。

 

筋肉量低下でも特に姿勢を保持する筋肉・骨盤の奥の筋肉・内臓の働きに関係する平滑筋など体を円滑に機能させる筋力の低下が目立ちます。心臓に血液を返すためのポンプ作用も弱くなるため、冷え性・むくみ・疲労しやすくなってきます。

 

また、発熱量も少なくなり代謝が悪く、体温が下がり、妊娠しづらくなっていきます。体温が下がると子宮の温度も下がるわけですから、生理不順や不妊に繋がる事も多いです。若年性更年期障害などはダイエットによるものが多いので、若年に生理が止まると骨密度が急激に減少して行きますので、骨粗鬆症のリスクも増えてしまいます。

 

適度な運動をしながらゆっくりダイエットして行く方が妊娠にもホルモンのバランスにも良いです。ダイエットでの極端な体重減少や繰り返されるリバウンドは妊娠する為にも良くないですので注意してダイエットして行きましょう。

▲空腹感は脳にストレス? 上へ戻る
空腹感は脳にストレス? 先頭へ戻る