筋肉量が少なくなると起こりやすい事は?

筋肉量

  • 筋肉が硬く萎縮し、血液の流れを遮る
  • 発熱量が減るため、太りやすく、冷えや様々な不定愁訴が見られるようになる。
  • 体を支える筋力も低下するので、疲れやすく疲労が抜けにくくなる
  • ストレスに弱くなる
  • 異常緊張しやすくなる
  • 姿勢不良

 

黄体ホルモンであるプロゲステロンは、運動を行うとホルモンバランスが正常になりやすいと言われています。運動不足であると分泌不足やバランスの乱れが生じやすいのが女性ホルモンの中でもプロゲステロンになります。

 

また適度な運動で汗をかくのは、天然のデトックス効果もありますし、自律神経の切り替えも良くなる言われています。

▲筋肉量が少なくなると起こりやすい事は? 上へ戻る
筋肉量が少なくなると起こりやすい事は? 先頭へ戻る