冷え性は不妊の原因に影響ある?

冷え性

冷え性は、妊娠へ影響があるのをご存知ですか?

 

妊娠ホルモンと言われているプロゲステロンは、高温期に多く分泌されるため、体温の上昇が促されます。冷えによる血液循環の悪化は自律神経のバランスを悪くし、卵巣の機能低下を促してしまいます。

 

「冷え」が切迫流産や早産・妊娠中毒症への影響も強く、妊娠中のトラブルが強いのも冷え性です。冷えは下半身が多いですが、お尻や背中・お腹など冷えを感じる人も多いですが、冷え性の一番の原因は、「運動不足」です。子宮や卵巣の妊娠率で大きな影響力がある下半身の筋力低下ですが、筋力低下と冷えは密接な関係があります。

 

冷えが子宮や卵巣に与える影響ですが、血液循環が悪くなり冷たい血液(静脈)が充満して行きますと、発熱量が減ってしまい代謝が下がる原因になります。また子宮は血液量が多く、常に温かくなるよう保たれていますが、体内環境が悪いと限界に達してしまうのです。また血液量も低下して行きます。

 

冷え性も血液循環が良くなるように適度な運動と発熱量が増える食事(体が温まる食事)をしていくことで、体質を改善して行きましょう。赤ちゃんの発育にも関係が出てきますし、妊娠しにくい原因にも繋がります。

 

冷え性と不妊との関係のまとめ
  • 血液循環が悪くなる事で卵巣機能が低下する
  • 運動不足による冷えが一番多い
  • 自律神経のバランスを崩し、疲労しやすくなる
  • 妊娠ホルモン(プロゲステロン)の分泌量が低下しやすい
  • ストレスに弱くなりやすい
  • 食事制限型ダイエットで冷えに繋がる場合も多い
▲冷え性は不妊の原因に影響ある? 上へ戻る
冷え性は不妊の原因に影響ある? 先頭へ戻る