ノネナールをしっかりと分解する柿渋石鹸

ノネナール

加齢臭の原因となっているノネナールというのは、体内の脂肪酸が酸化してしまい、過酸化脂肪酸となってしまうことによって、過酸化脂肪酸が分解されるとノネナールになってしまいます。

 

若いうちは食事などで脂肪分をたくさん摂取してもしっかりと燃焼させていくことができますが、年齢を重ねていくうちにだんだん体の中の代謝が悪くなっていくので脂肪が蓄積されてされてしまいやすくなり、体の中が汚れてしまいます。

 

そうなると活性酸素がたくさん発生してしまうので活性酸素の働きによって、老廃物がさらに過酸化脂肪酸と変化してしまうのです。

 

そうすると過酸化脂肪酸が分解された後ノネナールになってしまい加齢臭となってしまうんですね。

 

酸化というのは老化現象でもあり、様々な免疫力を低下させてしまって病気になりやすい体を作ってしまったりすることもあるので、基本的には酸化を防ぐためにアンチエイジングなどが行われています。

 

ノネナールを分解すると言われている成分には柿タンニンがあります。

 

柿タンニンが配合されている石鹸を選ぶことと、消臭作用のある成分、皮脂量が多くなるので毛穴の中の汚れが取りやすい成分を石鹸を選ぶときに参考にしてみると良いです。

▲ノネナールをしっかりと分解する柿渋石鹸 上へ戻る
ノネナールをしっかりと分解する柿渋石鹸 先頭へ戻る