妊娠していないのに陽性になるケース

陽性

妊娠検査薬で妊娠していると陽性反応がありますが、逆に妊娠していなくても陽性になる場合があります。どのようなケースに多いのでしょうか?

 

妊娠検査薬の操作ミス

商品によって使い方は異なりますが、説明書通りに検査しない場合、正常な検査結果が出ない場合があります。使用する前に説明書を良く見て検査してみましょう。間違えて陽性が出てしまって妊娠していなかったら、時間も大きく消費して、気疲れしてしまうという事にも繋がります。

 

排卵誘発剤を使用しているケース

クロミッドなど一般的に処方される排卵誘発剤であれば、妊娠してなくても陽性と出る事はなく、陰性と検査結果はでます。しかし、HCG注射を受けている場合、注射の影響が強ければ、偽陽性反応がでる場合もあります。HCG注射の一週間以降に使用するようにすれば、偽陽性反応は避けられます。HCG注射を受けている人で妊娠検査薬で陽性反応が出た場合、偽陽性・陽性に関わらず、医師に相談するのが一番安全です。

 

HCG産生腫瘍があるケース

妊娠すると分泌するヒト絨毛性ゴナドトロピンというホルモンが腫瘍の影響で分泌してしまう場合妊娠していなくても陽性反応が出る場合があります。

 

閉経する際のケース

閉経する際に、HCGホルモンと同じような構造をもつ、黄体刺激ホルモンという妊娠に必要なプロゲステロンを分泌させるために必要なホルモンが多く分泌されるので、陽性と反応する場合があります。

▲妊娠していないのに陽性になるケース 上へ戻る
妊娠していないのに陽性になるケース 先頭へ戻る