妊娠しやすい体重の目安

体重の目安

妊娠しやすい体重の目安はご存知ですか?

 

太りすぎも痩せすぎも妊娠に良くないのは、脂肪量でホルモンバランスが変わる為と言われています。その為排卵に大きく関わり合いがありますので、特に妊娠したいと思われている人は、バランスが良い標準体重を目指していきましょう。

 

標準体重の目安ですが、計算で割り出す事が出来ます。BMIという、体重と身長の関係から算出した、ヒトの肥満度を表す計算式です。

 

 

「体重÷(身長m×身長m)=BMI」
「体重÷(身長mの二乗)=BMI」

 

 

どちらも同じです。
例)身長160cm、体重50kgの場合、
50÷(1.6×1.6)=19.531251
BMIは約19.5

 

〜18.5は痩せすぎ
18.5〜24が正常範囲
22 標準体重
25〜肥満傾向

 

 

※BMIのデメリット
BMI計算はすぐに行えるので、簡単で分かりやすいんですがデメリットがやはり存在します。身長と体重の関係のみの計算ですので、筋肉量が多い人は肥満傾向になってしまうという体内の関係までは算出できませんので、このあたりが正確性に欠けてしまうんですね。

 

例1)内臓脂肪が多く本来肥満であっても、体重が少ない場合でも痩せすぎや正常範囲にとどまってしまう

 

例2)極端に筋肉量が多く、脂肪が少ないと筋肉は脂肪より重いので体重が増加傾向にあります。その為、体脂肪率が10%でも体重が重ければ、BMIが40を超え極度の肥満になってしまう事もあります。

 

あくまで目安という形で計算してみると良いでしょう。

▲妊娠しやすい体重の目安 上へ戻る
妊娠しやすい体重の目安 先頭へ戻る