妊娠しているのに陰性になるケース

陰性

妊娠しているのに妊娠検査薬を使用すると陰性と結果が出てしまうケースがあります。どのようなケースで多いのでしょうか?

 

妊娠の初期のケース

妊娠の初期ですとHCGの分泌量少ない場合があります。なので分泌量が少ないため陰性と出てしまう事もあります。

 

月経周期が不規則なケース

月経周期が不規則な人で、検査予定日が早くなってしまった場合陰性となるケースもあります。

 

子宮外妊娠のケース

子宮外妊娠した場合、HCGホルモンの分泌量が少ないため陰性と出る場合もあります。

 

 

妊娠しているかどうかの最終的な判断は、医師の触診やエコー検査などで総合的な検査で判別されますので、自己判断で解決してしまわない様に、あくまで妊娠検査薬は妊娠しているかどうかの目安程度という認識でとどめておく方が良いかもしれません。

▲妊娠しているのに陰性になるケース 上へ戻る
妊娠しているのに陰性になるケース 先頭へ戻る