基礎体温の正しい測り方

基礎体温

基礎体温の正しい測り方をご存知ですか?

 

基礎体温を測る際には、基礎体温計と言う体温計を使います。体温計に比べると基礎体温計は目盛りが細かく正確に測れます。また基礎体温は一般的に口腔で測ります。

 

測る日はできるだけ月経周期を目安にして測り続けます。そして測る時間は、朝起きたらすぐに測るのがポイントなんですね。基礎体温は一日の中でも最も体温が低い時なので起きてからすぐが一番体温が低いので起きてすぐに測りましょう。

 

夕方以降やバラバラな時間で計測すると、身体の疲労度にも影響されてしまうのでできるだけ同じ時間起きてからすぐに計測することで正確な排卵日が分かりやすくなります。排卵日の日は、低温期から高温期に差し掛かる時に起こる、低温期よりも温度が下がる日がありますので、表に記入して線でなぞったりしていくと分かりやすくなりますし、オリモノの変化や出血があった際にメモしておくと良いかもしれません。

 

その日の体調(お酒の飲み過ぎ・寝不足・ストレス等)で体温が変わる(風邪等)や月経周期の乱れる場合もありますが、体の変化を客観的に知る事も出来ますし、体調面も日々安定しているかどうかも数字で分かったりします。基礎体温を継続的に測った事ないのであれば、一度つけてみてください。

▲基礎体温の正しい測り方 上へ戻る
基礎体温の正しい測り方 先頭へ戻る