妊娠に良い栄養素の情報ページ

妊娠に良い栄養素

栄養素

妊娠に良いと言われる栄養素をご存知ですか?栄養はバランスが重要ですので、不足しがちな栄養素がありましたら参考にしていただいて栄養バランスを補ってみてください。

 

たんぱく質(大豆製品・肉類・乳製品・魚介類)
タンパク質は体を構成するために必要な栄養素で発熱量を増やし代謝があがり栄養素として知られています。

 

ビタミンB1(ウナギ・豚肉・たらこ・玄米)
水溶性ビタミンでもあるビタミンB1は疲労回復に効果のある栄養素です。不足すると・イライラ・疲労しやすくなると言われています。糖質の多い食事の場合、ビタミンB1の摂取量も増えます。またアルコール・タバコは常にビタミンB1の欠乏を招きやすい。

 

ビタミンB12()レバー・カキ・さんま・アサリ
不足すると動機や息切れを起こしやすくなり神経が過敏にもなりやすい栄養素です。特に精子の算出に影響しているため男性に必要な栄養素。欠乏すると赤血球の形成が上手くいかない貧血になりやすい。

 

ビタミンC(レモン、いちご、アセロラ、菜の花、ブロッコリー、グアバ)
免疫力にも関わる栄養素で、排卵に良い効果があると言われています。また鉄分の吸収力をアップします。

 

ビタミンE(アーモンド、うなぎ、かぼちゃ、ニジマス)
体のサビ付き防止ビタミンと言われる程、老化に関係しているビタミン。ホルモンバランスの調整作用もある。

 

葉酸(レバー、菜の花、枝豆)
植物に多く含まれるビタミンB群の一種で、幼児の発育に関係。細胞分裂に関係があり、タンパク質の合成にも関係している。

 

亜鉛(カキ、牛肉、うなぎ、豚肉)
亜鉛が不足すると味覚障害・骨格の発育や骨格に維持が難しくなる。タンパク質の合成や遺伝子の伝達に関わる為大変重要。妊娠に関してセックスミネラルと言われている位重要。インスタント食品・アルコールを良く食べる・飲む習慣があると欠乏する。

 

鉄分(ひじき、あさり、うなぎ、のり、海藻類)
鉄分が欠乏すると酸欠状態が続くため貧血になりやすいと言われている。月経の際に血液と同時に鉄分が排出されてしまう為、鉄分の補充は重要。妊娠すると血液量も増加するため欠乏しやすい。成長促進・免疫力も高める。

 

カルシウム(わかさぎ、どじょう、乳製品、いわし)
ストレスに強い身体作りに必要。ストレスでホルモンバランスが崩れやすいため必須。歯や骨の材料になりますが、摂り過ぎは神経伝達に重要なマグネシウムの吸収を阻害すると言われている。

 

イソフラボン(大豆、大豆製品、ピーナッツ)
フラボノイドの一種で、女性ホルモンのエストロゲンと似た働きをしてホルモン不足を補う。抗酸化作用が強く、体の酸化防止に役立ち老化を防ぐ。

 

 

栄養バランスの取れた食事を心がけてみてください。

脳は糖分を栄養にしていて、糖が唯一の栄養素です。ストレスを受けると副腎皮質ホルモンであるアドレナリンを分泌します。すると脳はストレスから守る為に糖を多く消費しま...

喫煙と飲酒が、どれくらい妊娠に対して影響を与えるかご存知ですか?喫煙と飲酒は、男女とも生殖器に与える影響は強いです。女性の喫煙の影響子宮着床障害卵管障害子宮への...

冷え性は、妊娠へ影響があるのをご存知ですか?妊娠ホルモンと言われているプロゲステロンは、高温期に多く分泌されるため、体温の上昇が促されます。冷えによる血液循環の...

冷え性にも「末端冷え性」と「内臓型冷え性」の2つがあります。主な違いは、末端冷え性運動不足や食事制限型のダイエットを行う事によって、筋肉のポンプ作用が弱くなる事...

太りすぎや痩せすぎは不妊との関係はあるのでしょうか?太りすぎな場合、ホルモンバランスが崩れる他、妊娠しにくくなるばかりか排卵障害を起こす事もあります。太りすぎも...

生理不順・不妊症はダイエットと関係があるのはご存知ですか?食事の量を減らすダイエットは健康的でないと言われています。特にホルモンのバランスを崩すダイエットと言わ...

食事の量を抑えると空腹感が伴いますが、空腹感は脳にストレスとして捉えられてしまいます。その為、脳はストレスを強く感じてしまうんですね。ストレスに弱い脳下垂体や女...

運動不足は不妊の原因になるのをご存知ですか?特に生活習慣で不妊の原因になりやすいのは、下半身の筋力不足が挙げられます。現在では40歳を境に妊娠率が下がるのも下半...

筋肉が硬く萎縮し、血液の流れを遮る発熱量が減るため、太りやすく、冷えや様々な不定愁訴が見られるようになる。体を支える筋力も低下するので、疲れやすく疲労が抜けにく...

下半身は運動習慣がなくなると筋力が著しく低下すると言われています。下半身は重力との関係や普段座っていたり立っている事が多いですから、心臓に血液を返すのに筋肉の状...

骨盤のゆがみと内臓下垂は不妊と関係があるのでしょうか?骨盤のゆがみは大なり小なり誰にでもある事です。効き腕や左右の顔に違いがある様に歪みを完璧に解消出来る事は不...

体力の低下骨盤周り(太もも・お尻・腰・お腹)の筋力低下腹筋群の筋力低下による、お腹が突き出た姿勢(腹圧低下)産道が開くことによるインナーマッスルの筋力低下(骨盤...

むくみは不妊症の原因に繋がりやすいのはご存知ですか?むくみの原因は冷えにも似ていますが、むくみは新陳代謝が低下することで起きやすくなります。その為体力も低下しや...

症状頻尿腰痛下腹部の疼痛便秘発熱治療方法経過観察がほとんど大きいのう腫・茎捻転の可能性があるものは手術(開腹手術・腹腔鏡手術)妊娠する事は?卵巣のう腫で片方の卵...

卵管閉鎖は不妊の原因になるのをご存知ですか?卵管が詰まってしまう事で受精が難しくなってしまう卵管障害です。卵管が狭まる事や詰まると卵子が子宮に移動できなくなって...

子宮に内膜症が起きると子宮内膜症になりますが、卵巣に内膜症が起こると卵巣チョコレート嚢腫とよばれています。つまり子宮内膜と似たような組織が卵巣に出来てしまう為、...

子宮内膜症という病気はご存知ですか?子宮内膜症は10人に1人の割合でかかる病気といわれていて、最近では特に増えている病気です。原因は特定されていませんが、ストレ...

子宮の奇形や形も不妊症の原因に繋がるのをご存知ですか?子宮の奇形は妊娠への影響もありますが、流産の可能性も高まります。奇形の多くは、胎児の際に形成されていくので...

基礎体温の正しい測り方をご存知ですか?基礎体温を測る際には、基礎体温計と言う体温計を使います。体温計に比べると基礎体温計は目盛りが細かく正確に測れます。また基礎...

排卵されるまでのメカニズムは、エストロゲンという卵胞ホルモンが分泌され子宮内膜が成長し、妊娠の準備が整ってきます。するとプロゲステロンという黄体ホルモンが分泌さ...

排卵日を知る為の検査薬には、2種類のタイプがあります。唾液で検査する方法と尿で検査する方法の2種類です。唾液で検査「レディデイ」唾液で検査する検査薬には、「レデ...

排卵日の計算で最も有名なのは、日本だけでなく世界でも利用されている「オギノ式」とよばれる計算方法があります。そもそもオギノ式とは、荻野久作という産婦人科医の先生...

妊娠の兆候を見極める上で大切なポイントがあります。妊娠することで子供が体の中に宿るわけですから、1つの身体に生命が2つ存在する期間になるため、妊娠初期から色々な...

妊娠の兆候がみられる場合、産婦人科に受診されるのをお勧めしますが、その前に市販されている妊娠検査薬で妊娠したかどうかチェックして妊娠の有無を確認してみるのも良い...

妊娠検査薬で妊娠していると陽性反応がありますが、逆に妊娠していなくても陽性になる場合があります。どのようなケースに多いのでしょうか?妊娠検査薬の操作ミス商品によ...

妊娠しているのに妊娠検査薬を使用すると陰性と結果が出てしまうケースがあります。どのようなケースで多いのでしょうか?妊娠の初期のケース妊娠の初期ですとHCGの分泌...

では妊娠しやすい食事の方法とはどのようなものなのでしょうか?結論から申しますと、バランスの取れた食事になります。妊娠だけに限らず、バランスの良い食事は健康的です...

通常何気なく食べている食事でも体を冷やす食事と温める食事があるのをご存知ですか?体を冷やす食事のみですと体の中が冷え切っていくので冷え性やむくみの原因にもなりま...

妊娠に良いと言われる栄養素をご存知ですか?栄養はバランスが重要ですので、不足しがちな栄養素がありましたら参考にしていただいて栄養バランスを補ってみてください。た...

妊娠しやすい体重の目安はご存知ですか?太りすぎも痩せすぎも妊娠に良くないのは、脂肪量でホルモンバランスが変わる為と言われています。その為排卵に大きく関わり合いが...

現在では出産の年齢も晩婚化の影響もあり、高齢化してきていますが、妊娠することは閉経さえしていなければ妊娠は可能です。年齢が若ければ妊娠しやすく、高齢であれば妊娠...

▲妊娠に良い栄養素 上へ戻る

妊娠に良い栄養素 先頭へ戻る